予防接種・ワクチン

当院で接種可能なワクチン

帯状疱疹ワクチンについて

帯状疱疹とは水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスが原因となり、激しい痛みを伴う皮疹が帯状にできるのが特徴です。症状は3~4週続きます。

水ぼうそうになったあとに、ウイルスが体内に住みつき、加齢などによる免疫が落ちた時、疲労やストレスなどがきっかけとなって帯状疱疹として発症します。

日本では中年以降の90%がウイルスを体内に持っており50歳代から発症率が高くなり、80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症すると言われています。

発症すると痛みやかゆみが強く出て後遺症として神経痛が残ることがあります。
目や耳、顔面の神経が障害されると視力低下やめまいなどの原因となります。

ワクチンは二種類取り扱っております。
適応は50歳以上です。
それぞれに長所、短所がありますので比較表を参考にご検討ください
なおご予約は診察時、またはお電話で承ります。
TEL:026-272-0131


乾燥弱毒生水痘ワクチンシングリックス
ワクチンの種類弱毒生ワクチン不活化ワクチン
接種回数1回 皮下注射2回(2ヶ月間隔)筋肉注射
予防効果50~60%90%以上
効果の継続期間5年程度9年以上
費用6600円(税込)1回22000円(税込)×2回
メリット値段が安い 1回で済む予防効果が高い
デメリット免疫不全者は使用できない費用が高い 副反応が強い
副反応注射部位反応 倦怠感 発疹注射部位の痛み、筋肉痛 倦怠感 頭痛 震え 発熱

他ワクチンとの間隔について

【乾燥弱毒生水痘ワクチン】

①不活化ワクチン(肺炎球菌・インフルエンザ等)接種間隔の制限なし。

②新型コロナワクチン片方のワクチンを受けてから2週間後。

③他の生ワクチン(BCG・MR(麻疹/風疹)等)27日あけてから接種。


【シングリックス(不活化)】

1回目と2回目の間隔は、2カ月後~6カ月以内に接種します。

①不活化ワクチン(肺炎球菌・インフルエンザ等)接種間隔の制限なし。同時接種も可能。

②新型コロナワクチン片方のワクチンを受けてから2週間後。

③他の生ワクチン(BCG・MR(麻疹/風疹)等)接種間隔の制限なし。

インフルエンザワクチンについて

  • インフルエンザワクチンについて
  • 12月21日(火)本年度分のワクチンは終了しました。


  • 他の予防接種と同時接種ご希望の方はご予約ください。
  • 13歳未満は2回接種が推奨されています。インフルエンザワクチンは接種後2週目から抗体が上昇し始め、一ヶ月後にピークを迎えます。ですので一回目と二回目は4週間空けて頂くのが望ましいです。
  • コロナワクチンとの間隔は2週間空けてください。

お値段

・13歳以上は3600円
・13歳未満の方は1回目3600円、2回目2600円となります。


  • ※当院での接種可能なワクチン
  • 2020年10月1日より予防接種の間隔が変更になりました。
  • MR(麻疹風疹)ワクチン
  • 麻疹ワクチン
  • 風疹ワクチン
  • 水痘ワクチン
  • 流行性耳下腺ワクチン
  • ヒブワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • 2種混合
  • 4種混合
  • 日本脳炎ワクチン
  • ポリオ
  • 破傷風
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • インフルエンザワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン
ワクチンを入荷するためお電話でご予約ください。

クリニック案内

医院名
医療法人 中沢医院
院長
中沢 一朗
住所
〒387-0013
長野県千曲市小島2806-1
診療科目
呼吸器内科・消化器内科・一般内科
電話番号
026-272-0131